重度の中の重度と言われたラムゼイ・ハント症候群の顔面麻痺が少しずつ改善してきました。

お客様写真

Q当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?

A8カ月くらい前にハント症候群による顔面麻痺になって入院していました。

Q顔面麻痺になってどんなことをされてきたんですか?

A入院して点滴で治療していたんですけど、それ以上できることはないと病院で言われて、あと自分で顔のマッサージをするように言われていたので、1日3回マッサージをしていました。

Q顔面麻痺の程度は病院ではどれくらいと言われていたのですか?

A本当に神経の反応が0に近いくらいでした。重度中の重度と言われて、お医者さんからも「気の毒としか言いようがない」と言われるくらい重たかったと思います。後遺症も確実に残ると言われるレベルでした。

Q当院に来られたきっかけは?

入院中に先生からどうしようもないと言われて落ち込んでいる時に、主人が調べて鍼がいいんじゃないかと話をしていて、主人がここを見つけてくれました。

Q施術を受けた感想は何かありますか?

はじめ(鍼灸を受けた事がなかったので)受けると思ったより痛かったのですが、施術をした後は顔はすっきりして、顔は動かないけど軽くなっていました。家族からも施術に行った後は顔が柔らかくなっていたり、動かし方が楽になっているねと言われました。自分では鏡を見るのも嫌で変化が分からなかったのですが、主人とか母親とか子供が、ちょっと良くなってきたねとか、瞼閉じれるようになってきたねとか、お茶飲んでこぼす量が減ったねとか、そういう変化は気づいてくれました。

Q気持ちの変化はどのようなものがありましたか?

はじめは落ち込んで毎日泣いていたのですが、矢谷先生に鍼をしてもらう中で、私が落ち込むと、対処法を教えてくれたり、大丈夫と励ましてくれました。病院ではやっぱり悪い例を元に良くなるのは難しいという話が多かったので、矢谷先生のお話にはすごく救われました。

Q今顔面麻痺に関しはいかがですか?

だいぶ違和感が無くなったと家族から言ってもらって、自分でも目を閉じて寝れたり、お風呂とか顔を洗う時でも目を閉じなくても自分で洗える、水が入ってこないとか目の渇きが楽になったりとか、だいぶ楽になったと思います。見た目も思っていた最悪の顔よりだいぶマシかなって自分では思えます。(治療経過も動画で公開させて頂いております)

Q最後に顔面麻痺の患者さんに向けて何かメッセージをお願いします。

顔面神経麻痺は治療法がないと言われて諦めるしかないのかなと思ってしまうんですけど、どうにか希望を見つけてほしいと思います。鍼は色んな人から良くなると言われてますし、とにかくやれることはやった方が良いと思います。鍼はもちろん症状は良くなりますし、それで気持ちも上向きになるので、鍼は受けた方が良いと思います。諦めずに良くなると信じてほしいと思います。

下原様 豊中市 30代

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。