ハント症候群の後遺症に悩まされていましたが、周りから普通の顔になったと言われました。

お客様写真

Q 当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?

7か月前に重度のハント症候群による右顔面麻痺になって入院をしていました。

重度だったため後遺症が出る可能性が高く、退院後ペイクリニックを紹介してもらい首に星状神経ブロックをしました。

3ヶ月ほど通院し麻痺もなくなってきたので完治と診断され、治ったと思いました。ですが、普通の生活に戻って1ヶ月もしないほどで後遺症が出てきてしました。

症状としては口を閉じると目が閉じる、口を動かすと目が閉じようとする、目を開けてるのがつらい、耳の後ろの痛み、瞼が閉じきれないので眼球の炎症、顔全体的の浮腫、瞼の下がりなどがありました。後遺症である口と目が一緒に動くことに悩まされていました。

Q そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか?

入院していた病院に行くと特にできることはないと言われたのでショックを受けました。おうちで顔を温めマッサージをなんとなくしていましたが、一向に良くならず気持ちも落ち込み途方に暮れていました。今考えると間違った方法ですが、良くなると信じてガムを噛んだりもしていました。

Q 当院の施術はいかがでしたか?

途方に暮れていた頃、主人がいろいろ調べてくれ鍼治療が良いらしいよとこちらを見つけてくれてこちらを知りました。発症から間もなく6ヶ月になろうとしていた頃です。顔面神経麻痺の症状を理解してくれ、すぐにどこがつらいのかもわかっていただき施術をして頂きました。初めての鍼治療で緊張しましたが思ったより痛くなかったです。施術したその日はよく眠れます。今必要なセルフケアを整理してもらい、顔のマッサージの仕方も丁寧に教えてくれました。おうちでマッサージをすることでより効果はあがりました。

Q 今顔面麻痺はいかがでしょうか?

家族が言うには、見た目は普通の人と変わらないです。こちらで施術をしてもらううちに顔面の浮腫、腫れ、こわばりがおさまりました。顔面の凝りがなくなり、ほっぺを少し押すだけでも激痛だったのがいまは全く痛くありません。

口を閉じると瞼も閉じようとしていたので、食事のときが1番つらかったです。目を瞑って食べていたので、人と食事をするのが億劫になっていました。症状が改善したおかげで食事を楽しくできるようになりました。見た目は普通の顔とほぼ変わりないですが、自分の中ではまだ少しひきつりを感じます。もう少し続けていきたいです。

Q 最後に顔面麻痺の患者様に向けて何かメッセージをお願い致します!

顔面神経麻痺になり、ネットで色々調べましたがどの治療が自分に合うのか2割くらいのことしかわかりませんでした。あとは手探りでしたが、顔面麻痺には時間がすごく大切な意味を持つこと、後遺症が出てから最小限に抑えるまでには期間があることなどを初めて知りました。手探りしている暇はなかったのだと後でわかり後悔しています。初めは正直半信半疑で始めましたが、私の場合は効果はすぐ出ました。また先生が顔面神経麻痺の病状をとてもよく理解してくれているのでとても安心しています。わたしはこの先どうなっていくのか分からないことが一番の不安でした。気持ち的にとても落ち込んでしんどかったです。早めの行動が良くなる1歩だと思います。諦めないでほしいです。わたしもまだ治療中ですが、鍼治療は良いと体験したのでおすすめできます。

O様 西宮市 40代

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。