福島区で根本改善なら「鍼灸整体院 藍禅-AIZEN-」

顔面神経麻痺

\キャンペーン中/
初回60分 1,980円
※キャンペーンは数に限りがあります

 

根本改善バナー

 

このような
\お悩みございませんか?/

  • 朝起きたら顔が思うように動かない
  • うがいをしたら水が口からこぼれ、鏡を見ると顔が曲がっている
  • 入院を勧められ点滴を行なったが、ベットの上で不安を感じている
  • 病院で処方されたステロイド薬を飲んでも変化がない
  • 3ヶ月で元に戻ると言われたが、1ヶ月経っても改善の兆しがない
  • 鏡で自分の顔を見るのがツライ、見る度に気持ちが落ち込む
  • このまま後遺症が残るか心配

矢印

そのお悩み
当院にお任せください

 

 

顔面神経麻痺
スペシャリストが
施術します

 

施術当院には顔面神経麻痺の方が多数来院され、多くの方を改善へと導いています。

ある日、あなたは朝起きたら顔が思うように動かない異変に気が付きます。
病院に駆け込んで、すぐに良くなると言われたが、しばらく経っても改善の兆しがない。

顔が段々歪んでくるので、鏡を見るのも嫌になり、自宅に引きこもりがちかになっているかもしれません。
何よりもあなた自身、この突然の出来事に不安と戸惑い、同時に焦りを感じていると思います。

ですが、もう大丈夫です。安心してください。

顔面神経麻痺は適切な施術を早期に開始すれば、以前のような笑顔を取り戻すことが出来ます。
その為にはまずあなたの身体で今何が起こっているのか、顔面神経麻痺のことをしっかり理解しましょう。
そうすることで、これからの3ヶ月、6か月、1年後の過ごし方が変わり、未来が変わります。

ネットには様々な情報が錯綜しています。
調べれば調べる程、結局どこに行けばいいのか、何をすればいいのかわからない!!と戸惑っていませんか?

当院では、顔面神経麻痺で悩み、不安を抱え、笑顔を失った方から日々ご相談を数多く受けています。
そんな方の不安を解消し、笑顔を取り戻すサポートをしています。

もしあなたが顔面神経麻痺でお悩みでしたら、一人で悩まずお気軽にご相談ください。
きっとあなたのお力になれると思います。

 

 

沢山のお客様から
喜びの
お声
頂いております

 

「後遺症が確実に残ると言われた重度の顔面麻痺が改善しました」

下原様Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:8カ月くらい前にハント症候群による顔面麻痺になって入院していました。

Q:顔面麻痺になってどんなことをされてきたんですか?
A:入院して点滴で治療していたんですけど、それ以上できることはないと病院で言われて、あと自分で顔のマッサージをするように言われていたので、1日3回マッサージをしていました。

Q:顔面麻痺の程度は病院ではどれくらいと言われていたのですか?
A:本当に神経の反応が0に近いくらいでした。重度中の重度と言われて、お医者さんからも「気の毒としか言いようがない」と言われるくらい重たかったと思います。後遺症も確実に残ると言われるレベルでした。

Q:当院に来られたきっかけは?
A:入院中に先生からどうしようもないと言われて落ち込んでいる時に、主人が調べて鍼がいいんじゃないかと話をしていて、主人がここを見つけてくれました。

Q:施術を受けた感想は何かありますか?
A:はじめ鍼灸を受けた事がなかったのですが、施術をした後は顔はすっきりして、顔は動かないけど軽くなっていました。家族からも施術に行った後は顔が柔らかくなっていたり、動かし方が楽になっているねと言われました。自分では鏡を見るのも嫌で変化が分からなかったのですが、主人とか母親とか子供が、ちょっと良くなってきたねとか、瞼閉じれるようになってきたねとか、お茶飲んでこぼす量が減ったねとか、そういう変化は気づいてくれました。

Q:気持ちの変化はどのようなものがありましたか?
A:はじめは落ち込んで毎日泣いていたのですが、矢谷先生に鍼をしてもらう中で、私が落ち込むと、対処法を教えてくれたり、大丈夫と励ましてくれました。病院ではやっぱり悪い例を元に良くなるのは難しいという話が多かったので、矢谷先生のお話にはすごく救われました。

Q:今顔面麻痺に関しはいかがですか?
A:だいぶ違和感が無くなったと家族から言ってもらって、自分でも目を閉じて寝れたり、お風呂とか顔を洗う時でも目を閉じなくても自分で洗える、水が入ってこないとか目の渇きが楽になったりとか、だいぶ楽になったと思います。見た目も思っていた最悪の顔よりだいぶマシかなって自分では思えます。(経過も動画で公開させて頂いております)

Q:最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願いします。
A:顔面神経麻痺は改善法がないと言われて諦めるしかないのかなと思ってしまうんですけど、どうにか希望を見つけてほしいと思います。鍼は色んな人から良くなると言われてますし、とにかくやれることはやった方が良いと思います。鍼はもちろん症状は良くなりますし、それで気持ちも上向きになるので、鍼は受けた方が良いと思います。諦めずに良くなると信じてほしいと思います。

(下原様 豊中市 30代)

※効果には個人差があります

「ENoGの数値が9%と重度の麻痺でしたが、元の顔に戻りました」

Q:当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?
A:今年の3月に左側の顔が麻痺して病院に行ったらベル麻痺という診断がされました。味覚もなく、瞬きやうがいも出来ず、耳の後ろが痛かったりしました。

Q:その顔面麻痺に対してどんなことをされてきたんですか?
自宅の近くの神経内科の病院に行ってステロイドの薬とビタミン剤の処方と、あと顔面の神経を測ってもらいました。

Q:その顔面の神経を測ってもらうENoGの数値はだいたいどれぐらいだったんですか?
A:一桁というか、9から10ぐらいでした。

Q:結構重度な麻痺だったんですけれども、薬を飲んでどうだったんですか?
A:全く変わりませんでした。2ヶ月くらい続けましたけど、あと頭の方のMRIも取ってもらったりしました。他にも耳鼻科の先生に見てもらったりしました。ですが、耳鼻科の先生からは「これ以上どうなるか分からない」ということを言われました。

Q:当院の施術を受けられて、施術に関してはいかがでしたか?
そうですね。2ヶ月ぐらいでだいたい目を見て変わってきているな、というのが分かりました。

Q:鍼灸の施術はいかがでしたか?
やる前は経験がなくてちょっと怖かったですけど、やってみれば全然問題なく進みました。

Q:今、顔面麻痺に関してはいかがですか?
A:全然違和感なく自分では元通りになったと思っています。家族も驚いていましたし、初めの頃に診察してもらった神経内科の先生も驚いていました。

Q:最後に、顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願いします。
A:きっとなられた方は深刻で、どうしていいかわからないと思うんですけども,
やっぱり矢谷先生を信じて私は半年以上の期間をかかりましたけど、ここまで回復して終わることができるようになりました。なので、皆さん頑張ってください。

(栗原様 堺市 60代以上)

※効果には個人差があります

「回復には2ヶ月かかると言われていた顔面麻痺が2週間で改善しました。」

Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:顔面神経麻痺になり、顔の右半分が全く動かない状態になりました。目も完全に閉じる事ができず、口も殆ど開かないため、目が渇く、滑舌が悪い、飲み物はカップで飲むにも飲みこぼす、ストローで飲み物を飲めないなどの障害がありました。

Q:そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか?
A:大きな病院でステロイド治療を1週間行いました。

Q:それを行うとどうでしたか?
A:当初味覚障害もあったので、それに関してはステロイドで治りましたが、目や口の状態はそこまで良くなりませんでした。通っていた病院の医師曰く、2ヶ月は元に戻らないと言われました。

Q:当院の施術はいかがでしたか?
A:矢谷先生は顔面神経麻痺に詳しいというだけあって、毎回、現時点の麻痺の状態に合わせた施術を行っていただきました。病状やセルフマッサージのアドバイスまで丁寧に説明していただいたので、安心して先生にお任せできました。毎回施術するたびに、劇的に改善していったのが嬉しかったです。

Q:今顔面麻痺はいかがでしょうか?
A:施術後2週間で、麻痺していた右側が殆ど通常通り回復しました。周りから見ても言われないの分からないくらいで、実際自分でも麻痺だった事を忘れるくらいです。

Q:最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願い致します!
A:ステロイド治療の後、2ヶ月間元に戻らないと言われてすごく辛かったのですが、諦めずに自分で調べて先生に出会えてよかったです。鍼で良くなるというのはあまり知られていないと思いますが、ステロイド治療で治らなかった場合はそこで諦めずに先生の施術を受けてください!絶対後悔しないと思います!

(I様 大阪市 30代)

※効果には個人差があります

「中度の顔面麻痺でしたが、6回の施術で早期に改善することが出来ました」

Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:顔面麻痺で左側の目が閉じられないのと、口が閉じれない、全く動かない状況でした。それで焦っていて治療しなければいけないなと思っていました。

Q:発症されたのはいつ頃でしたか?
A:2022年の9月あたりです。次の日は土曜日だったんですけど、その時は重いなという感じでした。確実に発症したのは次の日の日曜日です。

Q:当院に来られたのは発症からどれくらい経過してからですか?
A:発症から1週間程経過して来院しました。

Q:その間どんなことをされましたか?病院には通われましたか?
A:土日は行けなかったのですが、自分に異変があるのは間違いなかったので、いつもお世話になっている循環器内科にすぐに受診しました。

Q:そこでどんな治療を受けられたのですか?
A:顔の左が動かないということと、後頭部から頭が痛いということでMRIを撮りにいくように言われて、すぐに処置をして頂けました。脳梗塞の疑いがあったからです。検査の結果顔面麻痺ということが分かりました。ただ、軽くはないということは宣告されました。ステロイドの点滴を受けても元には戻らない状態でした。

Q:当院の施術はいかがでしたか?
A:以前は他の院で施術を受けたりしていましたが、最近はそういった施術から遠ざかっておりまして、非常に不安はありました。ただ、まずはお試しがあって、そこから入っていけてすごく良い施術を受けれたので、これを続けていけば改善も相当早いだろうなと感覚で分かりました。それでしっかり通うことを考えました。

Q:今顔面麻痺はいかがでしょうか?
A:お陰様ですっかり元通りになりました。私が今こういう立場で皆さんの前でお話しするということは恥ずかしいですが、この病気というのは発症するとすぐにリハビリを開始しないといけないのに、自分の病名というのも分からない不安の中で、お医者さんに病名を宣告された時から、車の両輪のように西洋学と東洋学の施術をすぐに開始することで早く改善するということが自分の身を持って分かりました。それを皆さんに少しでも分かって頂ければお役に立てると思い、こうやってお話をさせて頂きました。

Q:最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願いします。
A:施術を受けるなら早ければ早いほど良いです。悩むよりもまず人に相談して、そして早く東洋学や西洋学の両方で施術してもらうとすごく早く綺麗に改善すると自分は確信しました。お顔が動かなくなって隠れたくなったりとか、このまま放っておいたら良くなるのではないかとかということも考えたりするのですが、出来るだけしっかりと専門家にみてもらって改善することに前向きになることが大事だなと思いました。自分はここに来て本当に良かったなと思います。

(平野様 大阪市 50代)

※効果には個人差があります

※他にも多数ございます。
ページ下部をご覧ください。

 

 

推薦バナー

 

雑誌バナー

 

 

なぜ?当院の施術で
顔面神経麻痺がこんなにも

根本改善できるのか?

 

なぜ早期回復が大事なのか

顔面神経麻痺当院では薬や点滴でも効果がでなかった中程度〜重度の顔面神経麻痺の方が沢山来られています。顔面麻痺(ベル麻痺)の70%は1ヶ月以内に自然に回復するというデーターがあるように、顔面神経麻痺は薬や点滴である程度は改善されます。病院では標準治療というものが決まっていて、原因や病態に応じて、ステロイド剤、抗ウィルス剤、ビタミン剤などの薬がどこの病院でも同じように使われます。しかし中には数ヶ月経っても顔の麻痺が残る方もおられます。毎年6万人の方が顔面神経麻痺を患い、その中で1万人の方が後遺症が残ると言われます。

それなら気長に回復を待てばいい。そういう考えもよぎるかもしれません。ですが、ちょっと待って下さい。顔面神経麻痺は「時間との勝負」という側面があるのです。どいういうことかというと、麻痺から回復するための期間があらかじめ決まっているのです。その期間を過ぎてしまうと、元のようなお顔には戻れないかもしれないのです。

ですから、「しばらく様子を見て、悪くなったら近くの病院や施術院に行こう」ということが通用しないのです。不幸にも顔面神経麻痺を発症したらまずは神経のダメージを最小限に抑えるため、病院でステロイドの点滴や薬、抗ウィルス薬で処置してもらう必要があります。それで回復したのならひと安心です。

問題となるのは病院の処置でも回復しなかった中程度〜重度の麻痺の方です。この場合、病院では経過観察といってしばらく様子を見ることになります。経過観察といっても、多くの場合、病院側で何か処置が行われるわけではありません。そして、この間の過ごし方を間違ってしまうと一生後悔してしまう可能性があるのです。

麻痺が中程度から重度になるにつれ、回復までの時間が長くなります。3ヶ月〜6ヶ月と麻痺の時間が長くなれば、その間に表情筋が硬直し、萎縮が起こってくるのです。仮に表情筋に萎縮が起こると、顔面神経が再生して、表情筋が再び動くようになったとしても、元のような顔の動きを取り戻すことができなくなるのです。そして、そのお顔がずっと続く可能性があるのです。脅したり、焦らせるつもりはありませんが、これは紛れもない事実なのです。そういった未来を防ぎたい方はなるべく早く専門の鍼灸施術を受ける必要があります。

また後遺症には様々な種類がありますが、代表的なのは目と口が連動して動く「病的共同運動」や表情筋が硬くなってしまう「顔面拘縮」、顔の麻痺が継続する「残存麻痺」などがあります。こういった症状が出てくる可能性がある場合、後遺症の発症を予防したり軽減したりすることが出来るのが鍼灸施術の大きな特徴なのです。そしてそれは発症から一定期間を過ぎると施術の効果が出にくくなってしまいます。これが顔面神経麻痺が「時間との勝負」と言われる所以なのです。

一方、鍼灸施術は麻痺の回復を早めます。顔面神経麻痺のダメージを最小限に抑えることが出来るのです。発症して1ヶ月、3ヶ月をどう過ごすかで今後のお顔の印象が決まってしまいます。顔はあなたにとって印象を決める大切な部分です。後で後悔することのないよう、少しでも回復を促す方が賢明です。表情筋が硬直し神経の接続が失われてしなわないように、また後遺症が出る可能性がある場合には極力抑えていくよう、積極的な鍼灸施術をおすすめします。

 

 

顔面神経麻痺の症状について 

施術顔面神経麻痺は大きく分けると脳の問題である中枢性のものと、顔面神経自体の問題である抹消性のものがありますが、顔面神経麻痺のほとんどが抹消性のものです。そして抹消性の中でも大きくベル麻痺、ハント症候群などのウィルス性のものと外傷性に分類されます。顔面神経麻痺のほとんどがウィルス性によるものです。

顔面神経麻痺になると最初は耳の後ろ側に痛みや頭痛が起きた後、顔の片側に筋力低下が現れ始めます。重度になると表情筋の麻痺を生じます。麻痺は1週間程かけて進行し、時には前後して味覚障害や耳鳴りなどの聴覚過敏を起こすことがあります。顔面神経麻痺になると、表情筋が思うように動かすことが出来なくなります。顔の半分が平坦になり表情が無くなります。

特に笑顔を作ろうとすると表情が歪んでしまいます。これは表情筋のバランスが崩れ、正常な側の表情筋が、麻痺して弛緩している表情筋を引っ張ってしまうためです。顔面麻痺になると、額にしわを寄せる、まばたき、口を動かす表情が上手くできなくなります。ストローで飲み物を上手く飲めなかったり、麺類を上手くすすることが出来なくなります。また、うがいをしようとするとこぼれたり、食事の際も汁物を飲むとこぼしてしまうことがあります。まばたきや目を閉じることができなくなると目の乾燥が起こり、また夜眠る時にも目を閉じることが出来ずに目が乾燥して傷ついてしまったりします。

このように日常生活の中でかなり不自由な生活を余儀なくされます。また、歪んだ顔を知人や家族に見られたくないと思い引きこもってしまうかもしれません。これらは急性期の話ですが、症状の度合いによっては後遺症が残る場合もあります。顔面神経麻痺が回復する中で神経の接続に異常が生じてしまい口と目が同時に動いてしまう「病的共同運動」や、口を動かすと涙が出てくる「ワニの涙」があります。日常生活でかなりの影響が出ることになります。

 

 

顔面神経麻痺の原因とは

顔面神経麻痺ベル麻痺やハント症候群と言われる顔面神経麻痺の原因とされるのはウィルスなのです。私達もどこかで聞いたことがあるヘルペスや水痘のウィルスが原因となります。ヘルペスウィルスは疲れた時に体の一部で出てきたり、水痘のウィルスは子供の時にかかった水ぼうそうを引き起こすウィルスです。これが体内の神経に潜んでいて、顔面神経の中にも潜んでいます。これは顔面神経麻痺を発症する前から、ヘルペスや水ぼうそうなどに感染、発症したことがある方は全て神経の中にウィルスが潜んでいると言われているからです。このウィルスが顔面神経の膝神経節という部分にも潜んでいるのです。そして普段は何ともないのですが、体の抵抗力や免疫力が下がった時に活性化して、顔面神経に炎症を起こします。炎症を起こした顔面神経は腫れて膨張しますが、この時に顔面神経が通っている通り道(顔面神経管)が周囲を全て骨で囲まれているため狭いのです。その為膨張した顔面神経は逃げ場を失い、自ら圧迫されることで神経にダメージを受けてしまい顔面神経麻痺を発症してしまうのです。

 

 

当院ではこのように改善します

施術当院の鍼灸施術は顔面神経麻痺を得意としております。顔面神経を含めた周辺組織の血流改善をして、神経の回復を促します。麻痺が回復するまでの期間を大幅に短縮することが出来ます。これにより顔面神経麻痺を早期に改善に導くことができるのです。

 

顔面神経麻痺を改善へと導く3つのポイント!

1 顔の筋肉(表情筋)のこわばりを取りのぞく
2 頚部の緊張を取り除き、血液循環を促す
3 自律神経の乱れを改善

1 顔の筋肉のこわばりを取り除く
表情筋と関係の深い反応点(ツボ)をさぐり、細い鍼でツボを刺激し、麻痺で生じた症状を回復させていきます。麻痺側のお顔に鍼をすることによって、表情筋と顔面神経のつながりを回復させていきます。また表情筋の強張りを取り除くことで血流を促し、表情筋のダメージを最小限にします。顔面神経麻痺になると表情筋は弛緩して動かなくなります。動かなくなるだけでなく、そのままどんどん固くなって萎縮していきます。長時間放っておくと動かない状態のまま固まってしまうので、表情筋に萎縮を防ぐことは重要です。他にもご自宅で行って頂けるセルフケアをすることで、症状の改善や、神経が間違って再生してしまう(迷入再生)ことを防いだり、後遺症の予防や軽減を図ることにもつながります。

2 首の緊張を取り除き、血液循環を促す
顔面神経麻痺の方は後頭部をはじめとする首や肩の筋肉に緊張がある方が多いです。肩こりや首こりを訴える方も多いですし、首の付け根に殴られたような痛みが出たり、頭痛や耳鳴り、めまい、味覚障害が出る方もいらっしゃいます。これは顔面神経が耳の奥の方から出ている為です。顔面神経がダメージを受けることで首周りや肩周りに緊張を引き起こします。首の緊張は自立神経の乱れにもつながり、血液循環が悪くしてしまいます。首周りの緊張をゆるめることで顔面神経周辺の血液循環を改善し、神経の再生を促していきます。

3 自律神経の乱れを改善
首の緊張を取り除くと自律神経のバランスが整ってきます。
自律神経は内臓の働きや血液循環を調節する司令塔の役割を果たしています。自律神経のバランスが崩れると、内臓の働きが低下し、体全体が緊張しやすくなり、筋肉や関節も硬くなってしまいます。この自律神経の乱れは、顔面神経麻痺と同時に「肩こり」「首こり」「頭痛」「腰痛」「不眠」「胃腸障害」などを引き起こします。顔面神経麻痺を起こしてショックを受けているあなたにさらに追い打ちをかけてきます。また麻痺が長期に及ぶこともあります。発症間もない時期はネガティブなことを考えがちです。体や心をしっかり整えて顔面神経麻痺と向き合う必要があるのです。ですから、自律神経の調整を行うことが、「顔面神経麻痺」を早期に改善する為の大きなポイントなのです。

そしてあまり知られていないことですが、顔面神経麻痺は再発します。
神経にウィルスが感染するとヘルペスウィルスのように潜伏するからです。また何かのきっかけで再発することは珍しいことではなく、2回目、3回目の方も中にはいらっしゃいます。再発するときは決まっています。それは体の免疫力が低下した時です。再発しないまでも、体が疲れて免疫力が低下している時にうずいたり、顔がぴくぴく痙攣することもあります。場合によっては顔面神経麻痺を起こした部分が痛みます。その度にまた顔面神経麻痺が再発するのではないかと怖くなります。症状を改善するだけでなく、体質改善をすることはこれからの再発予防においてもとても大切なことになります。本当に顔面神経麻痺を卒業をするためにも一度当院にお任せ下さい。

 

 

キャンペーンバナー

 

5月31日までに
\ ご予約の方に限り /

 

根本改善鍼灸コース

初回60分1,980円

(カウンセリング・検査&施術)

※通常1回8,800円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※全て税込価格

 

TEL

WEB予約

LINE

MAP

 

 

なぜ、当院では
初回に60分
お時間を頂くのか?

 

カウンセリング当院では初回のカウンセリング・検査にとても力を入れております。お悩みやご不安なことなど、お話をしっかりお伺いし、全身を隈なく検査いたします。

それはお一人おひとり真摯に向き合うためにお時間を頂くのはもちろんのこと、症状の本当の原因を特定するために時間をかける必要があるからです。

病院や整骨院で良くある電気やマッサージ・シップなどの処置では、そもそも原因にアプローチ出来ていません。
当院では時間を掛けたカウンセリング・検査で原因を特定し、本当の原因に対して総合的にアプローチすることで、根本改善へと導いていきます。

どこに行っても良くならない、何度も同じ症状を繰り返すという方も、ぜひ当院にご相談ください。

 

 

まだまだあります!
お客様の声が
信頼の証です

 

「ENoGの数値が4.6%と重度の麻痺でしたが、元の顔に戻りました」

サムネイルQ:当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?

A:日本とイギリスと半分半分に住んでいるんですけれども、イギリスの方で、ラムゼハント症候群と診断されて、そして救急病院で投薬していただきました。その後なかなか専用医にも会えず、そういう専門医に会ってもあまり詳しい話が聞けずでした。一人で悶々と悩んでいて、いろいろ調べたりして日本の方がいろいろ検査をしていただいたりできるということで、日本に来て治療をすることに決めました。

Q:まずはイギリスで治療されたということなんですけれども、それを行うとどんな感じでしたか?

A:投薬だけですね。そしてあまりいろんなアドバイスもなくて、顔はどんどん歪んでくるし、それから薬でふらふらしてくるし、非常に不安とつらい思いでいました。

Q:日本に来られて日本でまた治療を受けられたと思うんですけれども、日本はどんな感じでしたか?

A:そうですね。日本はまず大きな病院に行って専門の耳鼻咽頭科の先生に見ていただいて、まずENoGという筋電図を測っていただきました。結果としては4.6%という非常に低い結果が出ていて、予想していたものがすごくガッカリしてしまいました。

Q:帰国してすぐに当院に来ていただいたんですけれども、当院の施術に関してはいかがでしたか?

A:もともと針の力というのは私は割に昔から信じているので、イギリスにいる時から病院での治療というのはできないのはあまり期待していなかったので、他に何かないかと思って調べてこちらの先生のところを見つけたんですけれども、非常にスッと針に対して抵抗もなく受けることが出来ました。それから顔面麻痺に関してもいろいろアドバイスもいただいて、安心して治療させていただくことができました。

Q:今、その顔面麻痺に関してはいかがですか?

A:周りの人がほとんどわからないようとか、それから2回目の筋電図を取った時に専門の先生も見た目にはほとんどわかりませんという風なアドバイスもいただいたので、周りが非常に効果があるのではないかと思っています。

Q:今、ちょうど何ヶ月目ぐらいでしたか?

A:発症から3ヶ月半になりました。(イギリスの方に一旦帰国されるということで、治療の方が中断になります)

Q:最後に顔面麻痺の患者様、ちょっと悩んでいる方がたくさんいらっしゃるんですけれども、そういった方に向けて何かメッセージをお願いできますか?

A:これはやっぱり顔面麻痺になってみないとわからないと思うんですけど、最初外観とプレッシャーというのがすごくて、内臓とかの病気とちょっと違って非常に落ち込みます。だからそういった気持ちもあると思うんですけれども、前向きに治療法を探して、針はよく効きますので、ぜひ来ていただきたいと思います。

(北村様 60代以上)

※効果には個人差があります

「担当医から『まさかここまで回復できるとは思っていませんでした』と言われました」

患者様の声植村様

Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?

A:左顔面麻痺(ベル麻痺)にかかり麻痺がある状態でした。何とか治したいという気持ちと治るのかと不安の日々でした。

Q:そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか?

A:発症後10日間入院ステロイド点滴をし退院後に別の顔面麻痺専門の鍼灸院に1ケ月ほど通っていました。その他は病院のリハビリで指導されたホットパックとマッサージをしていました。

Q:それを行うとどうでしたか?

A:あまり改善がみられず不安な毎日でした。

Q:当院の施術はいかがでしたか?

A:今まで通っていた鍼灸院の3倍以上の鍼の本数や施術時間の長さ、先生の詳しい説明の違いに驚きました。自宅から少し距離がある為、通うのに悩むこともありましたが、通い初めているうちにその時の私の体調に合わせ鍼を打つ場所が違ったり、親身な施術にここしかないと矢谷先生を信じてついて行こうと決めました。また、院内は個室で清潔感もありBGMに癒されました。先生は少し口下手らしく…慣れるまで緊張しましたが、今では世間話や私の愚痴を聞いていただいてます。

Q:今顔面麻痺はいかがでしょうか?

A:9割は治っている状態で、少し後遺症が残っていますが、自分自身がひきつりがわかる程度で家族や友人には完治しているように見えると言われるぐらいです。

Q:最後に顔面麻痺の患者様に向けて何かメッセージをお願い致します!

A:昨年6月初旬に発症し、病院では回復神経(ENoG)は28%しか残っていない状態です。と告げられ、途方に暮れていました。そんな中、藍禅の矢谷先生に出会い、丁寧な施術のお陰で退院後も通院している病院の先生に、「まさかここまで回復できるとは思っていませんでした」っと驚かれるぐらいです。私はその時に矢谷先生とガッツポーズをとりたくなりました。

今、顔面麻痺で悩まれてる方は一度、矢谷先生に相談しに伺って下さい。必ず前向きにしてもらえるます。もちろん、自分の努力も大切ですが、矢谷先生にお任せすると顔面麻痺以外にも体も心も楽になっていきますよ。私も最初は半信半疑で通っていましたが、今では神のような存在になっています。また、矢谷先生に出会ったお陰で体のメンテナンスの大切さに気付き、今は膝、腰痛などのケアもして頂いてます。不思議な事に何ケ月も整形外科で膝にヒアルロン酸注射をうっていたのに、矢谷先生の施術とアドバイスのお陰で施術後は痛みも緩和しています。

(U様 池田市 50代)

※効果には個人差があります

「ハント症候群の後遺症に悩まされていましたが、家族からは普通の顔になったと言われます」

お客様Q: 当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:7か月前に重度のハント症候群による右顔面麻痺になって入院をしていました。

Q:重度だったため後遺症が出る可能性が高く、退院後ペイクリニックを紹介してもらい首に星状神経ブロックをしました。
A:3ヶ月ほど通院し麻痺もなくなってきたので完治と診断され、治ったと思いました。ですが、普通の生活に戻って1ヶ月もしないほどで後遺症が出てきてしました。
症状としては口を閉じると目が閉じる、口を動かすと目が閉じようとする、目を開けてるのがつらい、耳の後ろの痛み、瞼が閉じきれないので眼球の炎症、顔全体的の浮腫、瞼の下がりなどがありました。後遺症である口と目が一緒に動くことに悩まされていました。

Q :そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか?
A:入院していた病院に行くと特にできることはないと言われたのでショックを受けました。おうちで顔を温めマッサージをなんとなくしていましたが、一向に良くならず気持ちも落ち込み途方に暮れていました。今考えると間違った方法ですが、良くなると信じてガムを噛んだりもしていました。

Q: 当院の施術はいかがでしたか?
A:途方に暮れていた頃、主人がいろいろ調べてくれ鍼が良いらしいよとこちらを見つけてくれてこちらを知りました。発症から間もなく6ヶ月になろうとしていた頃です。顔面神経麻痺の症状を理解してくれ、すぐにどこがつらいのかもわかっていただき施術をして頂きました。初めての鍼施術で緊張しましたが思ったより痛くなかったです。施術したその日はよく眠れます。今必要なセルフケアを整理してもらい、顔のマッサージの仕方も丁寧に教えてくれました。おうちでマッサージをすることでより効果はあがりました。

Q :今顔面麻痺はいかがでしょうか?
A:家族が言うには、見た目は普通の人と変わらないです。こちらで施術をしてもらううちに顔面の浮腫、腫れ、こわばりがおさまりました。顔面の凝りがなくなり、ほっぺを少し押すだけでも激痛だったのがいまは全く痛くありません。
口を閉じると瞼も閉じようとしていたので、食事のときが1番つらかったです。目を瞑って食べていたので、人と食事をするのが億劫になっていました。症状が改善したおかげで食事を楽しくできるようになりました。見た目は普通の顔とほぼ変わりないですが、自分の中ではまだ少しひきつりを感じます。もう少し続けていきたいです。

Q :最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願い致します!
A:顔面神経麻痺になり、ネットで色々調べましたがどの方法が自分に合うのか2割くらいのことしかわかりませんでした。あとは手探りでしたが、顔面麻痺には時間がすごく大切な意味を持つこと、後遺症が出てから最小限に抑えるまでには期間があることなどを初めて知りました。手探りしている暇はなかったのだと後でわかり後悔しています。初めは正直半信半疑で始めましたが、私の場合は効果はすぐ出ました。また先生が顔面神経麻痺の病状をとてもよく理解してくれているのでとても安心しています。わたしはこの先どうなっていくのか分からないことが一番の不安でした。気持ち的にとても落ち込んでしんどかったです。早めの行動が良くなる1歩だと思います。諦めないでほしいです。わたしもまだ途中ですが、鍼は良いと体験したのでおすすめできます。

(O様 西宮市 40代)

※効果には個人差があります

「4年間あきらめて放置していた顔面麻痺の後遺症が改善してきました」

お客様Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:4年程前にハント症候群による重度の顔面麻痺を患いまして、後遺症が残ってしまい冬になると顔がこわばっていました。
いくつかの鍼灸院も単発で行って施術を受けたのですが、顔を触ってもらえず、効果もあまりなく諦めて4年間そのまま放置してしまいました。

Q:当院の施術はいかがでしたか?
A:先生から事前に1回では改善しないし、時間がかかるものだとお話しがありましたが、まさにその通りで、施術を受ける度に顔のこわばりが楽になることを感じます。
目もほんの少しですが閉じれるようになってきて家族も喜んでくれています。

Q:最後に顔面麻痺の方や後遺症で悩まれている方に何かメッセージを
A:私もそうなのですが、顔面麻痺になって後遺症が残ってしまうと諦めてしまうんですね。
それでもここの施術を受けることで完全に改善するとはいかないまでも、日常生活でかなり楽になることはできます。諦めずにケアするようにしてください。

(宮本様 大阪市 50代)

※効果には個人差があります

「ハント症候群の顔面麻痺や首肩の鈍痛が改善しました」

お客様Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:私の顔面麻痺は、このまま良くならないのか、と思ってました。

Q:そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか?
A:ネットで調べてみたら、針施術がいいと載ってたので家の近くの針施術(別の鍼灸院)に通う事にしました。

Q:それを行うとどうでしたか?
A:あまり、目に見えて良くなっている感じは無く、これで良くなるのかなぁ?と通う度に思ってました。

Q:当院の施術はいかがでしたか?
A:こちらの藍禅に2~3回目通った時点で顔の突っ張り感がマシになっていたのが、すごく感動しました。

Q:今顔面麻痺はいかがでしょうか?
A:今は突っ張り感も忘れるぐらいですし、瞼も下がっていて視野がとても狭かったのですが、かなり見えるようになってきてます。

Q:最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願い致します!
A:私も顔面麻痺になり他の鍼灸院に通ったり、色々悩んだり落ち込んだりしましたが、今は少しずつですが、いい方向に進んでいるので、私と同じ様に悩んでいる方は実績のある整体院藍禅をおすすめします。

(中村様 大阪市 40代)

※効果には個人差があります

「施術を受けると顔も滑らかに動くようになり、麻痺が早期に改善しました。」

Q. 当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?
A. 突然顔面麻痺が発症して顔が動かないという悩みがありました。

Q. その悩みに対してどんなことをされたんですか?
A. まずは耳鼻科に通院して、診断を受けて薬を処方してもらいました。通院して飲み薬の治療から始めました。

Q. その飲み薬を飲まれてどうでしたか?
A. 確かに病院に行ったという安心感はあったんですけれども、特にこう改善されることはなかったです。あと瞬きが結構できなくって、目薬を処方してもらってだいぶ楽にはなったんですが、ただ顔面の麻痺っていうのが、大きく改善されたわけではないので、ちょっと不安になって日々過ごしてました。

Q. 当院の施術受けられていかがでしたか?
A. インターネットで針施術が有効的だっていうのも調べて、自分が通える近隣で、あとは画面麻痺の実績がある鍼灸院を探してこちらに来ました。こちらは実績がたくさんあるのと、対応したお客さんの数っていうのも多いので、あの自分の症状に対して、この程度の麻痺であればこれぐらいで改善するんじゃないですか、みたいなお話をいただけたりしたので、非常に心強いというか、安心できることが多かったです。施術をしていただいている中ですぐに改善していって、もう顔も滑らかに動くようになってきたというのが、もう目に見えて分かったので、もう早いタイミングで、お話して頂いた期間よりも早く改善していったかなっていう実感があります。

Q. 今、顔面麻痺はいかがですか?
A. 特にもう自分ではあのあの何も感じないといいますか、見た目も顔の動きも通常に戻ったかな、という風に思ってます。

Q. 最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願いします。
A. 顔面麻痺の方が周りであまりいなかったです。私も家族に聞いたんですけども、過去になったことあるけれど、数十年前なので、治療をどうやったか覚えてないとか、周りに相談できる人が全くいないというのが結構不安でした。こちらの院に来て実績と言いますか、実例がたくさんある中から色んな相談をさせて頂いて、自分の状態がどういうところにあるかとかっていうのを、早めにみて頂き改善してもらいました。それがものすごく良かったなと思ってます。なので、投薬と針は私は併用してよかったと思っています。私はちょっと針とかやったことなかったので、ハードルが高かったんですけれども、早めに併用して施術を受けられるのがいいかな、という風に思います。

(山本様 大阪市 40代)

※効果には個人差があります

「施術の度に顔面麻痺の症状が改善していくのが分かりました。」

Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:来院前は、病院で顔面麻痺の診断を受け、時間経過で治るとも言われましたが、後遺症が残る可能性もあると言われました。後遺症を残さない為に出来ることはしようと思い通うことにしました。来院前には本当に後遺症無く治るのかという不安はありました。

Q:そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか?
A:インターネットで麻痺について調べて、病院での治療以外の手段を模索しました。病院と鍼灸以外の治療は行っていません。

Q:それを行うとどうでしたか?
A:自身で色々と動いていくうちに前向きになったと思います。

Q:当院の施術はいかがでしたか?
A:施術の後は、明らかに症状が緩和されており、徐々に良くなっていくのが実感できました。

Q:今顔面麻痺はいかがでしょうか?
A:現在9割程回復しております。

Q:最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願い致します!
A:病院では、診察を受けて薬を貰って経過観察のみだけであった為、私自身も不安になった部分も多くありました。なので、病院以外の治療手段を模索する事になったのですが、病院ではマッサージの仕方や細かい病状の変化等は教示されなかったり、気づかれなかったりしましたので、施術を受けた際には、その辺の事も細かく教えていただけて、とても良かったと思います。
とはいえ、病院を全て否定している訳ではなく、細かく診察を受けた上で最初は処方された薬も併用しつつ施術を受ける等を私は行っていましたので、皆さんも後になって後悔しない様に自身で出来る事を出来るだけなさって下さい。

(O様 大阪市 30代)

※効果には個人差があります

「15年以上放置していた顔面麻痺の後遺症が改善してきました」

Q:まず当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?
A:そうですね。肩こりが激しくて顔面麻痺の後遺症がすごく気になってました。その顔面麻痺というのは、いつ頃発症されたんですか?10数年前です。

Q:その顔面麻痺に対して今までどんなことをされてきたんですか?
A:通院してた時はブロック注射をしていました。もうブロック注射もそんなに打てなくて、あとは整体に行って体をほぐしていました。他の鍼灸院で顔に針を打ったりしたこともありましたけど、全然効果はありませんでした。

Q:当院の施術に関しては、いかがでしたか?
A:そうですね。肩こりも軽減してきたし、やっぱり顔が少し動くようにになった気がするんです。目の方は、まだちょっと気になりますけれども、全体的に滑らかになったような気がします。

Q:来院された時は顔の強張りとかがお悩みでありましたよね。顔の強張りに関しては、いかがですか?
A:ある時と無い時とまだあるんですけど、やぱりちょっと疲れが生じてきたら少し強張りもありますけれどは、疲れてない時は全然自然で丈夫です。

Q:今、その顔面麻痺に関してはいかがでしょうか?
A:自分自身は良くなったのかなと思っています。施術をするまでの期間がすごくブランクがあったので、そんなに期待をしてなかったけれども、自分自身、来て良かったかなと思っています。現在はさらに後遺症が良くなるようにボトックス注射をしてリハビリを行っています。

Q:最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願いします。
A:やはり自分自身の体なので、自分でよく考えて後悔しないように行動した方がいいと思います。特に顔面麻痺は顔のことなので、何かあれば多分一生後悔し続けることになります。嫌な思いするのは自分だと思うんで、やっぱり行動あるのみじゃないかなと思います。

(伊藤様 大阪市 50代)

※効果には個人差があります

「顔面麻痺の後遺症で悩んでいましたが、顔の強張りが解消して目が開くようになってきました」

Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか?
A:私の顔面麻痺は、このまま良くならないのか、と思ってました。

Q:そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか?
A:ネットで調べてみたら、針がいいと載ってたので家の近くの針施術(別の鍼灸院)に通う事にしました。

Q:それを行うとどうでしたか?
A:あまり、目に見えて良くなっている感じは無く、これで良くなるのかなぁ?と通う度に思ってました。

Q:当院の施術はいかがでしたか?
A:こちらの藍禅に2~3回目通った時点で顔の突っ張り感がマシになっていたのが、すごく感動しました。

Q:今顔面麻痺はいかがでしょうか?
A:今は突っ張り感も忘れるぐらいですし、瞼も下がっていて視野がとても狭かったのですが、かなり見えるようになってきてます。

Q:最後に顔面麻痺の方に向けて何かメッセージをお願い致します!
A:私も顔面麻痺になり他の鍼灸院に通ったり、色々悩んだり落ち込んだりしましたが、今は少しずつですが、いい方向に進んでいるので、私と同じ様に悩んでいる方は実績のある整体院藍禅をおすすめします。

(A様 大東市 50代)

※効果には個人差があります

「顔面麻痺の後遺症で悩んでいましたが、強張りなど顔の状態が改善しました」

Q:当院に来られる前はどんなお悩みがありましたか
A:2022年12月16日に発症後、4月初旬位から顔の麻痺が改善し始め一安心していたのですが、6月に入り、いわゆる共同運動の反応が現れたため診療を受けている総合病院の予定を早め、診療を受けました。その際、反応が出始めていることの不安を伝え対処法についてお尋ねしたところ、「出るのは仕方ない、当たり前」と、言わんばかりの返答でした(私にはそう聞こえました)。ネットでいくらでも情報を入手できる時代ですから、ある程度の情報は持っていたのですが、利用者に寄り添うとの病院ポリシーは題目で、臨床の対象としか見られていないのであろう、と落胆したのを覚えています。

Q:そのお悩みに対してどんなことをされてきましたか
A:この病院では麻痺の回復の程度の確認のためと割り切り、顔のこわばり、共同運動などのリハビリ的な対処法は個人的に探すしかないだろうと思い、ネットで情報収集を行いこの症状に対して定番のホットパック、マッサージ、顔の運動などを地道に行いました。こつこつと続けましたが、やり方、程度、回数などが適合しているのか、また、実際に効果が表れているのかなど、状況の良し悪しに係わらず、客観的な評価と施術を求めてこちらにお世話になることとしました。

Q:それを行うとどうでしたか
A:自己流ではなくこの症状の改善に経験・知見のある方による施術であり、具体的に対処していだいているという安心感はありました。もちろん、顔のこわばりなどの改善実感もあります。

Q:当院の施術はいかがでしたか
A:こわばりなどの症状の改善は実感していますし、何より、日々のマッサージの方法や具体的に気を付けることや他の利用者さんの事例によるアドバイスなど精神的なことも含めての施術だと認識しています。私は歪みや麻痺が概ね改善した6月からお世話になったのですが、今思うと、麻痺の改善が少しずつ現れてきた4月初旬頃からお世話になっていれば共同運動の出現は抑えられたかもと後悔しています。そうでなくとも、対処法をご教示いただけたろうと思います。

Q:今、お顔の状態はいかがでしょうか
A:麻痺はほぼ改善したと感じています。日によってこわばりの程度の違いはありますが、施術を受けて楽になりました。家族や会社の同僚などは完全に改善したものと思うくらいです。共同運動が出ておりますので施術を受ける予定です。

Q:最後に顔面麻痺の方に向けたメッセージ
A:忘れもしません、2022年12月16日月曜の朝でした。前日、前々日に耳の後ろ、首筋あたりに痛みがありましたが(結果的に前兆でした)、顔に違和感などもなかったのですが、早朝、トイレに行った際に洗面所の鏡を見て発症していることに気づきました。顔面麻痺のことは知っていましたので「まさか、なんで自分が」正直な気持ちでした。耳鼻咽喉科が治療科とは思いもよらず、近くの総合病院で神経内科を受診、MRIを行い脳に起因しないことが判明して一安心。その足で耳鼻咽喉科を受診しました。

私の場合、表情筋スコア(柳原法のこと)は0点いわゆる完全麻痺との診断で3か月程度を目途に改善傾向が現れるだろうとの一般的な見立てでした。しかし、麻痺が悪化することはなかったものの改善の兆候がなく、また、具体的な治療を施していただいているという実感がなく「自己回復力次第」「時間が解決」と通院のたびに繰り返し言われた気がして不安とあきらめの入り混じった心持ちとなり先生に強い口調で詰め寄ったこともありましたね。

それからは、ほぼ毎日のようにネットで顔面麻痺に関するあらゆる情報を検索しながら、そのたびに気落ちしたり、モチュベーションが上がったりを繰り返しながらも、筋肉が痩せたり固まらないようにホットパック、マッサージ、顔の運動を地道に続けた結果、発症後4か月が過ぎようとするGW明けに口角と額が動く気配を感じ安堵したことを覚えています。その後、徐々に麻痺は回復する一方で6月に入ってからと記憶していますが、軽いこわばりや痙攣を感じるようになり、いわゆる後遺症の出現をきっかけにこちらにお世話になるようにしました。かかりつけの総合病院はいわゆる経過観察の立場ですので、積極的に治療、施術を受けている安心感も欲しかったのかもしれません。後遺症予防のためにマッサージや顔の運動はしていたつもりですが、神経の回復が進む一方で出現するという矛盾は何とも言えません。人間の体の不思議を垣間見た気がします。今後は麻痺の回復が落ち着いてから後遺症の治療、リハビリを行う予定です。

顔面神経麻痺は切り傷のように日々回復する様子を確認できるものではなく1日1mmともいわれるようにじわじわと回復するものだそうです。そのため、回復実感を得られない日が続くと不安やあきらめに似た心持ちになりましたね。そのため、成果、結果を求めてしまいがちですが、地道にこつこつと、ホットパック、マッサージなどをあきらめずに続けるなどあせらずに日々を過ごすように心がけました。結果として5か月目にやっと回復の兆しが現れてきました。専門家の方に相談するなどして頻出するといわれる共同運動や拘縮に備えてください。顔面神経麻痺は疲れや加齢などで体力、抵抗力が落ちた時に発症する場合が多いと聞きます。まずは、ご自分の身体を大事にして体調・体力を整えること、そのうえで、あせらずに気長に専門家のアドバイスを受けながら施術を受け、リハビリをなさってください。

(橋本様 大阪市 60代)

※効果には個人差があります

「病院のステロイドでも改善しなかった顔面麻痺が改善しました」

疲れて夜にうたた寝をしている時に、主人から車で迎えにきてほしいと電話があり、寝ぼけながら電話を取って会話をした瞬間に耳元でプチっという音が鳴りました。はじめはそれが何を意味しているのか分かりませんでしたが、次の瞬間に頭を鈍器で殴られたような痛みがやってきました。それ以降右の顔が動かなくなり、顔面神経麻痺になりました。

病院に入院するか迷いましたが、入院すると病院以外の治療を受けることが出来ないことを知りました。周りに相談したところ、地元の耳鼻科に通ってステロイド投薬を受けることにしました。

1週間、2週間とステロイドの点滴をしていましたが、症状はむしろ麻痺がひどくなっているような状況で、顔は歪んだまま一向に回復しませんでした。3週間を過ぎた辺りから耳鼻科の先生も諦めムードになってきたのですが、この時が一番つらかったです。3週間を過ぎたあたりからここの施術院を紹介して頂き、鍼灸施術を受けることにしました。

水を口に含んでもこぼれるし、寝ていても目が開いているので乾燥することがつらかったです。気づいたら味覚も無くなっていたので料理する時に困りました。顔面神経麻痺になってからはじめの1か月は悪化こそしていくものの、全く変化がみられませんでした。

そんな中でも矢谷先生は改善が見られなくても必ず良くなると励ましてくださいました。そのお陰でなんとか乗り越えることが出来ました。

1か月を過ぎた辺りから少しずつ顔の感覚が戻ってきて、顔に張りが戻ってきました。同時に顔のリハビリの方法を教えて頂いて、毎日一生懸命取り組みました。そこからは施術の度に顔に感覚が戻っていくことが嬉しかったです。

結果的に3か月経つ頃には普通に近い顔に戻ってきました。経過を話すと耳鼻科の先生も鍼灸の効果に驚いていました。まだ少し疲れると耳の裏が痛むことがあったり、顔がぴくぴく痙攣することもありますが、普通に近い笑顔が出来るようになって良かったです。先生には本当に感謝しています。

(O様 大阪市 50代)

※効果には個人差があります

 

 

鍼灸整体院藍禅が
選ばれる他とは違う
7つのポイント

 

歴15年の院長自らが全ての施術を担当します

カウンセリング

当院では3万症例の実績を持つ院長のみが施術を担当。無資格者やスタッフが施術することはございません。

 

 

②整体と鍼灸の両方の視点を持つ最高峰の技術

検査

院長は柔道整復師・鍼灸師の国家資格を有しており、整体の観点からも東洋学の観点からもアプローチできる技術を持っております。

 

 

③初回のカウンセリング・検査で原因を特定します

説明根本改善を目指すうえで本当の原因を明らかにすることは必要不可欠です。当院では初回のカウンセリング・検査に時間を掛けて徹底的に分析します。

 

 

④バキバキしないソフトな整体・安全な鍼灸施術

施術当院ではボキボキ骨を鳴らすような整体は行いません。また鍼灸施術もカラダに負担の少ない施術法を取り入れており、妊娠中の方でも安心して受けて頂けます。
※鍼が苦手な方に鍼施術は行いませんのでご安心ください。

 

 

充実のアフターケアで更に健康な身体へ

アフターケア当院では施術効果を促進させるセルフケア指導にも力を入れております。姿勢改善や食事指導など、お身体の状態に合わせて適宜アドバイスいたします。

 

 

⑥個室完備/リラックスできる清潔な院内も評判

施術室

当然の事ですが衛生管理も徹底しており、清潔で落ち着くとご好評いただいております。また個室完備ですので周りを気にせずリラックスして施術を受けて頂けます。

 

 

土日祝も営業/最終受付20時で通いやすい

検査お仕事帰りでもご来院いただきやすいよう最終受付が夜20時。平日お忙しい方のために土日祝も営業しております。

 

 

痛みを取り除いた
その先の本当に
健康なお身体へ

 

院長

はじめまして、院長の矢谷です。

私は、痛みを取ることをゴールと捉えておりません。
痛みを取ることだけにフォーカスしてしまうと、痛み止めやシップと変わりはなく、結局ぶり返してしまったり、場合によってはもっと症状がひどくなることもあります。

当院は目先の痛み緩和だけではなく、再発しない本当に健康なお身体へ導く事を目的としており、事実、当院にご来院されたほとんどの方が、今では健康な生活を取り戻されています。

その為には、私自身の技術や知識はもちろんのこと、お一人おひとりのお客様と真摯に向き合い、信頼関係を築く事が大事だと考えております。

悩んでいる事、不安に思っている事など何でも構いませんのでご相談ください。
私が全て受け止め、痛みを取り除いたその先の、痛みで困らないためにどうすれば良いのかという所までサポートさせて頂きます。

何度も繰り返す症状、どこに行っても良くならない症状でお悩みの方も、ぜひ当院を頼ってください。あなたのご来院を心よりお待ちしています。

 

 

キャンペーンバナー

 

5月31日までに
\ ご予約の方に限り /

 

根本改善鍼灸コース

初回60分1,980円

(カウンセリング・検査&施術)

※通常1回8,800円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※全て税込価格

 

TEL

WEB予約

LINE

MAP

 

 最後に…
代表からのメッセージ

 

院長

当院には顔面神経麻痺の方が数多く来院され、多くの方を改善へと導いています。ある日、あなたは朝起きたら顔が思うように動かない異変に気付き、病院に駆け込んだのではないでしょうか。顔が段々歪んでくるので、鏡を見るのも嫌になり、もしかしたら自宅に引きこもりがちになっているかもしれません。何よりもあなた自身、この突然の出来事に不安と戸惑い、同時に焦りを感じていると思います。

ですが、もう大丈夫です。安心してください。

顔面神経麻痺は適切な施術を早期に開始すれば、以前のような笑顔を取り戻すことが出来ます。その為にはまずあなたの身体で今何が起こっているのか、顔面神経麻痺のことをしっかり理解しましょう。そうすることで、これからの3ヶ月、6か月の過ごし方が変わり、あなたの未来が変わります。

ネットには様々な情報が錯綜しています。調べれば調べる程、結局どこに行けばいいのか、何をすればいいのかわからない!!と戸惑っていませんか?当院は顔面神経麻痺で多くの実績があります。当院ではそんなあなたの不安を解消し、笑顔を取り戻すサポートが出来るはずです。もしあなたが顔面神経麻痺でお悩みでしたら、一人で悩まずお気軽にご相談ください。きっとあなたのお力になれるはずです。

 

福島区・野田「鍼灸整体院 藍禅-AIZEN-」 PAGETOP